一番のアコガレはペアリングだった!

一番のアコガレはペアリングだった!

もちろん、一番のアコガレはペアリングだったわけですが。

それが最近では、そういった「いかにも」という感じのものよりも、「自分にあったもの」を選んでくれる方が嬉しいと思うようになりました。

たとえば、普段のなにげないショッピングのときに「あれカワイイなー」とつぶやいたようなものや、「こんなのがあったら便利だよね」と話していたものをもらえると、「ちゃんと覚えていてくれたんだな」と嬉しくなります。

また、アクセサリーなどでも、定番のものや高級なものより、自分に似合いそうだから、という理由で選んでくれると嬉しいですね。

逆に自分がプレゼントを買うときは、相手が自分では買わなさそうなものを選ぶようにしています。「自分ではわざわざ買わないけれど、こういうのがあったら便利!」と喜んでもらうのが目標です。

「定番」じゃないプレゼントを選ぶのって、なかなかセンスが要求されて難しいものですが、がんばって選んだものが喜んでもらえると、贈った側もうれしいものですよね。

出産祝いプレゼント

面白いしおしゃれな出産祝いプレゼントを贈る機会というのは突然やってきますね。

特にお祝い事の時は人と被ってしまったり、かと言って消耗品もとっても助かるのだけれど、残らないので何となく寂しかったり。

あまり安っぽ過ぎても良くないし、高価すぎても相手に気を遣わせてしまう…送り手のセンスとアイデアが問われる瞬間だと思います。

これは面白い!と思ったのが、従姉妹に待望の赤ちゃんが生まれたとき。

やはりすぐ使うかもしれないベビーグッズやおもちゃをたくさんいただきましたが、その中になぜかベストヒット何年版のCDが。

こういうのを聞く趣味が従姉妹にあったかなあと思っていたら、ご主人の同僚の方からの赤ちゃん用プレゼントとのこと。

そうです、それはベイビーの生まれ年のベストヒット。

今ではあまりピンと来なくても、その子が20歳ごろになったら手には入らないかと…CDという媒体が仮に無くなっていても、当時を彷彿させるものとして、今しか手に入らないもの。というアイデアだそう。

面白いしおしゃれ!と思ったのでした。

 

洗剤を贈る際の注意点贈り物を送る際の注意ですが、洗剤は人気の商品だと思います。今は色々ものが出ていて粉、液体などがあります。その中で液体ですすぎ1回というものがあります。 でも、洗濯機の設定ですすぎが2回なので、そのようなものをもらったとしたら困る人がいるかもしれません。他にも粉は溶けにくくて残るので嫌という人もいるかもしれません。人気ですがなかなか難しいものかもしれません。 父や母の日には、毎年色々なものを贈るようにしています。そのほうが相手も今年は何がもらえるのだろうという楽しみもあります。出来るだけ日常的なものを考えています。毎年同じというのは自分がもらう側だったら嫌なのでそのようなことはしていません。 この頃は、カタログが人気のような気がします。でも、何回か貰ったことがありますが、コレというような商品がありません。何個か選んでその中で最終的に決めるという感じです。それなら消耗品をもらったほうが良いと感じることもありました。 タオルなどもそこそこの家庭によっては余っているところもあると思います。そのような点で贈ることは控えたほうが良い商品かもしれません。